飯を食いに行った話「水道橋 名代富士そば」

 ちょっと思うところありまして、仕事帰りに水道橋の「名代富士そば」に寄ってきました。

 

 なんでわざわざ都内ならどこでもあるであろう「富士そば」の水道橋店まで出向いたか。

 

 それはここで「名代辻そば異世界店」のコラボキャンペーンやっていたからだ。表通りに面したショーケースに堂々とサイン色紙入っとるw

  • 「名代辻そば異世界店」は「小説家になろう」で展開されているライトノベル異世界転生という昨今ありふれている題材ながら、「立ち食いそばチェーンの『名代辻そば』の店舗を召喚できる」というけったいな能力と、そこからくる様々なメニューにまつわる人情話がメインという中々面白い作品です。
  • で、この作品内に出て来る『辻そば』店舗はこの富士そば水道橋店がモデルとなっており、先日漫画版が出たことを契機にこの度正式なコラボが展開されました。懐深いな富士そば

 

 店内は案外広めで、かなり清潔感ある佇まい。漫画版と見比べて思ったんですが、店内が左右逆ですね(ショーケースの位置とかが分かりやすい)。

 

 

 蕎麦屋といえばかつ丼であり、かつ丼といえば富士そばである。なんというか蕎麦屋かつ丼って妙に旨いよね。

  • 一時期富士そばに通い詰めていたころがあったんですが、そのときもかつ丼ばっかりで蕎麦全然食べなかったなとちょっと思い出したw 

せっかくなので漫画版「名代辻そば異世界店」と一緒に写真撮ってきました。