「幻影異聞録#FEアンコール」ファーストインプレッション

 とうとう発売された「幻影異聞録#FEアンコール」。発表から一日千秋の思いで待っていました。早速ファーストインプレッションレビューをば。

f:id:kaz20001:20200119205539j:plain

 ファイアーエムブレム界隈も、ベレス&ベレトがスマブラ出陣+DLCで第四の教室も発表とプチ盛り上がっているタイミングだけに、ぜひ頑張って売れてほしいなぁ(そして今度こそ続編を作ってくれ)。

 

 とりあえずプレイ時間15時間ぐらい。三章終わって四章前のインターミッションでだらだら強化しているあたりまでプレイしたところまでの感想です。

 

  • WiiU版との大きな違いは「ロードがクソ速い」。WiiU版最大の弱点がロードの長さ(戦闘の旅にロードが挟まった)でしたが、Switch版だとほぼ気にならない速度。というか、戦闘開始前のカットインをスクショ取るのが難しいレベルになっています。おかげで戦闘で稼ぐのも苦にならない。すいすい進められるよ。
  • あと、アトラスにありがちな稼ぎ用DLCみたいな施設が使えるようになっており、経験値や熟練度、お金を簡単に稼げるようになっている。これを使うとかなりサクサク進められるね。とりあえず適正レベルになるぐらいに縛りつつプレイしていく予定ですが。
  • 相変わらず、キャラクターたちは個性豊か(芸能人だし多少はね)。女神転生とのコラボ作なのに非常に明るい雰囲気(起こっている事件は結構深刻だが)。ペルソナ4あたりが好きな人には大オススメだ。 

f:id:kaz20001:20200119205543j:plain

 天然ヒロインのつばさ。この娘はいちいちリアクションが面白い。

f:id:kaz20001:20200119205546j:plain

 チキのモデリングの気合の入りっぷりにこのゲームの目指す方向が見えるw

 

f:id:kaz20001:20200119205548j:plain

 あとバリィさんは相変わらずキャラ強いなw わき役と思えない存在感だw

 

f:id:kaz20001:20200119205552j:plain

  • 戦闘システムも本当に洗練されていて、攻撃の三すくみや属性弱点を突くことにより仲間が追い打ちしてくれるセッションシステムが本当に楽しく、「どの攻撃からセッションに繋げるか」「セッションを繋げられるように仲間を入れ替える」などを考え出すと非常に
  • 難易度そのものはノーマルでも結構高く、ボス戦あたりだと攻撃が集中するだけであっさり味方が落とされるバランス。特に二回行動の奴とかだと結構キツイ。
  • 女神転生らしく、バフ・デバフを意識することと、消費アイテムが強いのでケチらず使う(とくにスタミナドリンクと物反鏡、魔反鏡あたり)ことを意識すべし。

 f:id:kaz20001:20200119205557j:plain

↑おそらく序盤の壁となるドーガ戦。三章時点だとかなり強い。

 

あと、ついでにサントラも買ったw もともと芸能界がテーマなだけに楽曲は非常に豪華。特にメインテーマの「Reincarnation」はマジで名曲だぞ。

f:id:kaz20001:20200121234117j:plain

↑#FEアンコールのサントラ

 

「デモンゲイズ2」攻略した

 正月からプレイし続けていた「デモンゲイズ2」ですが、とりあえず表クリアできた。プレイ時間は大体34時間ぐらい。終盤少し稼いだので、ただクリアするだけなら30時間程度で行けると思う。

 

  • とにかく終盤の終盤までイベントのテンポ悪さが目立つ。特にラスボス戦は二連戦の癖にイベントがやたら長く、うっかり事故って一度やられたのでまたやり直すという地獄を見た。ダンジョンRPGかつハックスラッシュゲーに長いイベント(かつ演出が飛ばせないスキップ)を入れられても困るw
  • あとバグにも悩まされた。特に「スコーピオン」のコマンドリピートがまともに機能しない(なぜか違うコマンドが実行される)のは何なんだ。対策とかあるんだろうか。

 総じて、ゲームそのものは悪くないのだが、余計な要素や長いイベントでとにかくテンポを悪くしてしまっていると感じた。せめてイベントスキップがもう少し早ければよかったのに…。ハックスラッシュ要素などは面白いだけに本当に惜しい感じ。

  • というか、テンポだけは良かった「モエクロニクル」と「モエクリスタル」は意外と優秀なゲームだったんだなという気がしてきたw 多分考え過ぎだけどw

 

 最後にダンジョンRPGお約束の最終パーティメンバーを。

  • 主人公(LV41)前衛
    メンバーから外せない。最後の最後まで育成方針に悩まされた。最終的には小村正装備で攻撃重視に育てていたらラスボス戦に限って装備強制されるのには参ったw 多分最終的には盾役にした方が安定するかも。
  • ペガサス(LV39)前衛
    最初から最後までパーティの盾役を担う幼女。カッチカチに固いのでラスボス戦でさえほとんど大したダメージ無しで切り抜けてしまった。固有スキルもHP増加とダメージ減少であるため、安定したいなら入れておくと良い。
  • カプリコーン(LV40)後衛
    こちらはペガサスとは逆に最初から最後までパーティの主砲。攻撃力だけならパーティトップで、5回攻撃の「ユピテルペイン」装備でチームのトップエース。
  • ドラコ(LV38)後衛
    固有スキルも攻撃スキルも優秀な攻撃役。仲間になるのがとにかく遅い(普通にやったら最終盤)かつ、そこから育てるのは大変だが、それだけの価値はあるキャラ。攻撃特化で育てたら微妙にHPが低くなってしまった。
  • キグナス(LV41)後衛
    優秀な回復&補助役。というかこいつに重要なスキルが揃いすぎていて、使わない理由がない。むしろやられると無茶苦茶ピンチになるという扱いに困る娘。ダメージ軽減の「ホーリーシールド」と全体回復を同時に使えないので切り替えのタイミングが難しい。

 

「フォードVSフェラーリ」を見てきた

 実在の1966年ル・マン耐久レースをテーマとしたレース映画。ちょいちょいいろんな映画で予告編が挟まってて気になっていたので、私にしては珍しく公開2日目に観に行きました。

 

 さて観てきた第一感想としては「面白かったけど、思っていたのとちょっと違う」。

 というのも、予告編では主演の二人(マッド・デイモンとクリスチャン・ベール)が、デコボココンビながらも衝突しながら、絶対王者フェラーリへと挑むという「バディもののレース映画」みたいな感じだと思っていたんです。

 でも実際には「バディもの」であり「実話を基にしたストーリー」あり、「親子の愛情」あり、といった感じで、2時間半もある長い上映時間にとにかくいろんな要素をぶち込みましたといった「とにかくてんこ盛り」。トッピングマシマシのチャーシュー麺のような盛沢山な内容の映画でした。

  • 最後まで見てとにかく気になったのが「フェラーリと全然VSしていないな」w というのも物語の半分はチーム作りのための説得、マシンづくりといった部分がクローズアップされており、基本フォード側の事情のみで展開します。後半のレースに入っても、フェラーリ側とは直接的には関わらず(セリフ部分もなぜかイタリア語部分が字幕に出ないので何言っているのかわからんし)、相手のレーサーとの会話シーンなども(当たり前ですが)一切なし。VSとタイトルに入っているのに、対決感が薄い。むしろマシントラブルやフォード内でのフロントのゴタゴタなど、レースチームVS経営といった面の方がよく出ていたw
  • まぁ、実在のレースが基なのであまりかけ離れた内容にするわけにはいかないんでしょうけど、とにかくライバルとなる「フェラーリ」側の事情が全然出てこず、「迫力あるレースシーン」だけども、最後の最後にフェラーリ側はマシントラブルでリタイアしてしまうとあっさり勝負が決まってしまうんですよね。いや、実際そうなんだけどそれでよいのか…。
  • 2時間半ある割には結構場面転換が多かったり、家族のシーンにやたら尺を取られているところなども結構引っ掛かる。余計なシーン削って、もうちょっとレースに絞っても良かったのでは。
  • その分、レースシーンは迫力ある。基本車載視点が多く、スピード感有りまくり、エンジンの爆音響きまくり(爆音上映とかだともっと良いかも)でド迫力。個人的にレースシーンでは、マッド・デイモン扮するシェルビーがフェラーリに対してせこい嫌がらせを繰り広げるシーンが結構好きw

 

 というわけでレース映画としては良く出来ているんだけど、もうちょっと詰められたのではという部分が大変気になってしまった。なんかもう「いろいろ惜しい」。

「奥浩哉」先生原作の新連載漫画が凄い衝撃だった

 「GANTZ」「いぬやしき」などで有名な「奥浩哉」先生が原作の新連載漫画がヤンジャンで始まった。題材はまさかの時代劇だ。

 

<試し読み>

https://tonarinoyj.jp/episode/10834108156738491475

 

いや、これGANTZやないかーいw
時代劇だと思っていたら唐突にGANTZ始まった。正直漫画の第一話でこんだけ衝撃受けたの久々だよw 道理でタイトル曖昧にしていたわけだ。この衝撃は初見でしか味わえないわ。

月一連載とのことだが、2話の展開が気になりすぎる…。

 

これにて秋イベントを完了とする

 E-4を50週ぐらいして、やっとこさヒューストンがドロップしました。成し遂げたぜ。

f:id:kaz20001:20200106211244j:plain

これにて私の2019年秋イベント完了w

 

 

2020年1月5日のプチ盤

 2020年ボードゲーム始めはいつものプチ盤から。ということで2020年1月5日のプチ盤参加レポートです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 ではこの日遊んだゲームなどを

 

●十人のクノイチ

f:id:kaz20001:20200105230159j:plain

  • クノイチのカードを出しながら、場札を獲得していくバッティング系ゲーム。カードの性能差が激しいわりに、手札は2枚しかないため1度のバッティングがかなりデカく、ちと運要素が強い。何度か繰り返して遊ぶ感じかも。

 

カルテル

f:id:kaz20001:20200105230203j:plain

  • いつもお馴染みライナー・クニツィア先生謹製のゲーム。サイコロを振って、道々のマフィア構成員や賄賂を獲得していく。最終的にその色のマフィア幹部を誰かが獲得した場合、マフィア構成員の数が得点になるが、誰もマフィア幹部を獲得しなかった場合は賄賂が得点となる。
  • 割とシンプルなタイル獲得ゲームだが、そこはさすがのクニツィア。どの色を得点化するかを考えなければならず、かつ自分だけが特定の色の構成員タイルばかり取っていると、他プレイヤーの妨害によりマフィア幹部を捕まえられずに得点化が難しくなる。うまく他プレイヤーの狙いに便乗して稼ぐ、あるいは色の切り捨てや賄賂タイルの獲得による得点を狙うなど、様々な点でジレンマを味わえる。

 

●薬草ひとついかがですか?

f:id:kaz20001:20200105230207j:plain

f:id:kaz20001:20200105230210j:plain

  • いまや日本インディーズゲームのゲーム制作者としては名が通った「北条投了」氏制作のカードゲーム。
  • 次々とやってくる客をさばいてお金を獲得していくが、客は細かいお金を払わないので手札からうまくお釣りを支払わなければならない。このカードハンドリングがキモとなるゲームで、アイディアは中々面白い。
  • ただ、ルールが非常に独特で分かりづらい。特に客のカードを場に出していく下りが何だか直感的ではない感じ(ルールが間違っている?)
  • 最序盤でお釣りが支払えなくなってしまうとまともな救済措置が薄いため、マジで何もできなくなる可能性がある(実際なった)。また税金や盗賊、オカといった名目でただお金が払わされるイベントがあるのもストレス。

 

●インカカタン

f:id:kaz20001:20200105230215j:plain

  • 都市が衰退していくカタン
  • この日のプレイでは一つの数字に都市を集中させたところ、どの目が練罰で出てしまい、序盤は最下位だったのにあっという間に逆転勝ちできてしまった。こういう偏ったプレイで逆転が起きてしまうのもカタンにはよくあることw

 

●テレストレーション

f:id:kaz20001:20200105230218j:plain

f:id:kaz20001:20200105230221j:plain

  • ご存知お絵かき連想ゲーム。この日も珍回答連発でしたw

 

●集中力ゲーム

f:id:kaz20001:20200105230224j:plain

  • 磁石をくっつかないように場に配置していくゲーム。これ30年ぐらい前のゲームだと思うが、よくこれだけ状態が良いものが保存されていたものだw

 

●センチュリー:ニューワールド

f:id:kaz20001:20200105230228j:plain

f:id:kaz20001:20200105230232j:plain

  • センチュリー三部作の最後を飾るゲーム。この日のプレイではこれ単体で遊んでみました。いずれ3部作全部入りで遊ぶw
  • ゲームとしては非常に素直なワーカープレスメント。いつものセンチュリーをワーカープレスメントにしましたという感じで、面白いんだけど癖がない、良く出来過ぎたゲームでしたw このシリーズはどれも優等生すぎるなぁ。

 

●スカウト

f:id:kaz20001:20200105230234j:plain

  • この日のダークホースとなったカードゲーム。秋ゲームマーケットの新作だが、カラフルかつおしゃれなデザインがインディーズとは思えないハイセンス。
  • 大富豪のごとく場にカードを出していき、手札を使い切ることが目的。場に出ているカードより強い組み合わせを出せれば、場札を得点として獲得できる。
  • 手札は最初に配られたのちは入れ替えできないというルールがキモで、連番やゾロ目で出すには手札の順番を揃えた状態で出さなければならない。普通では難しいが、場札から「スカウト」することで手札を任意の箇所に追加でき、これをうまく駆使して揃えることになる。
  • 「支離滅裂」を洗練させたような印象のゲームで、1プレイは短かく、それでいて繰り返し遊びたくなる面白さ。これは秋ゲームマーケットの新作だとナンバー1の面白さかもしれない。

 

PSVita「デモンゲイズ2」を今さらプレイしてみた

  正月だから何か適当なゲームがないかなと、本当に何となく「デモンゲイズ2」を購入してみた。

デモンゲイズ2 - PS Vita

デモンゲイズ2 - PS Vita

  • 作者: 
  • 出版社/メーカー: 角川ゲームス
  • 発売日: 2016/09/29
  • メディア: Video Game
 

 開発はウィザードリィ系のダンジョンRPGばかり作っていることでちょこっとだけ有名なエクスペリエンスで、これも例にもれずダンジョンRPG

 今だとDLC付きのグローバルエディション版もあるが、 これは無印のPSVita版。おかげで無茶苦茶捨て値で売っていたので何となく買ってみた。

  • これと同じくエクスペリエンスの「オペレーションアビス」も併せて一緒に購入したがそれでも1000円と少しである。
  • ちなみにDLCは無料なので、英語版が欲しいわけではない場合はこれで十分だと思う。

 

 とりあえず現状、プレイ時間15時間程度まで遊んでみたところ(センタウルを倒したあたり)までの感想などを。

 

 まずのゲーム内容だが「ダンジョンRPGとしては悪くはないが、イラつく要素も多い」という微妙に評価に困る感じ。続ける程度にはモチベーションがあるものの、細かい点で不満点がちょいちょいあるのが気になる。

  • ストーリーは基本ファンタジーだが、19世紀ぐらいの文明度な感じの世界観。主人公たちは反政府戦力となって、ラジオで宣伝しながら各ダンジョンの「デモン」を打倒していくという流れ。登場キャラクターとか仲間になるデモンとかは個性的で悪くはないものの、ダンジョンRPGのくせに「やたらストーリーが長い」。具体的には「ダンジョン」→「ストーリー」→「ダンジョン」といった感じでダンジョン攻略ごとにストーリーパートが挟まる形なのだが、これが無駄に長くてテンポを著しく悪くしている。ダンジョンRPGなんだからダンジョンに潜らせてよw
  • 幸い序盤の10時間ぐらいプレイしたらだんだんとダンジョンが長くなってきてテンポが良くなってきたものの、特に序盤はイベントが多すぎてかなりつらい。正直このイベント部分はスキップできるようにするとか何とかならなかったのか…。
  • ダンジョン探索そのものは案外テンポが悪くなく、特にダンジョン内の「サークル」で各種「ジェム」をささげることで、それらのアイテムをドロップする敵と戦えるシステムはかなり良いシステム(「円卓の生徒」にもこういうシステム有りましたね)。これによりアイテムのハックスラッシュするのは非常に楽しく、この辺はダンジョンRPGを作ってきたエクスペリエンスらしい。
  • ただこれらダンジョン探索部分でもいくつか不満もある。まず「攻撃魔法が使い物にならないぐらい弱い」のでどうしても物理中心の戦闘になってしまい、戦闘が単調になりがち(鍛えれば違うんでしょうが序盤はマジでいらない)。ほかにも「敵が複数列いる状態だと前と後ろどちらのダメージか分かりづらい」「コマンドリピートが敵奇襲を喰らうと解除される」「仲間がレベル1で加入するため、いろんなメンツが使いづらい」「平行移動は右スティック限定(左に変えられない)」など細かくストレスが溜まる部分が多い。

 

 総じてハックスラッシュ部分など光る所はあるものの、半端なキャラゲー要素によりテンポが結構悪いところが大きく不満。シナリオ早送りがもう少し早ければそれだけでだいぶ良くなると思われるだけに惜しい。

 とりあえず1月は幻想異聞録#FEがあるので、それまでに何とかクリアまでは進めたいかな。