漫画レビュー「岩泉舞作品集 MY LITTLE PLANET」

 今回の漫画レビューは「岩泉舞作品集 MY LITTLE PLANET」。まさか令和の時代になって岩泉舞の新作が読めるとは…。マジで奇跡を信じたくなる一冊です。

 この漫画は1989年~94年ごろの黄金期のジャンプで、断続的に読み切りを掲載していた「岩泉舞」先生の短編集。最終的に連載には至らなかったものの、この時期のジャンプを読んでいた少年少女たちの心に深く印象を残した作家でした。

 「短編集1」を謳っていた単行本「七つの海」(1992年)以降、いつまで待っても「短編集2」が出ず、「COM COP3 夢見る佳人(七つの海未収録)はもう読めないのか…」と軽く絶望し、そしてそれを忘れるほどに時がたってからまさかの完全版、しかも新作付きで発売されるというまじで奇跡が起きたとしか思えん一冊で、最初話を聞いたときはデマかと疑ったものです。

  • ネットのインタビュー記事によると、「きたがわ翔」氏がツイッターで話題にしたところ軽くバズり、「マンガ図書館」経由で「赤松健」氏が後押しして出版となったようです(その関係で集英社ではなく小学館からの出版)。北川先生、赤松先生ありがとうw

 

 ということで、漫画レビューを。どっちかといえば漫画の内容というよりは本そのものに対する感想ですがw

  • いきなりだが難点として、本単行本が初収録となる「COM COP 夢見る佳人」「KING」「クリスマスプレゼント」の3つの短編は雑誌からのスキャナ原稿のためか無茶苦茶画像が荒いこと。たぶん元原稿が残ってなかったんだろうな…。本当に惜しいがこればかりは仕方ないかな。
  • 良いところは「七つの海」や「COMCOP」のカラーページがちゃんとカラーで載っていること。これは「短編集1」だと白黒だったんですが、ジャンプ掲載当時の色彩豊かなカラー原稿まんまで結構感動した。ここはマジでうれしい。
  • あとは何といっても表題作である新作短編「MY LITTLE PLANET」が読めるところ。岩泉先生の新作がまさか30年経って読めるとは…。絵柄は現代風にアップデートされていますが、キャラクターの目の描き方や、なんともいえない余韻を残す作風が岩泉舞らしさ全開で、嬉しくなりますw 特に最後の「もう一度立とう」という言葉が、まさに一度消えてから立ち上がった岩泉先生を表しているようで痺れます。ぜひ新作もお願いしますw
  • 短編集1の看板タイトルだった「七つの海」は短編としての完成度がマジで高いな。カラーページからの始まり、思春期に突入しつつある少年が初恋の人やイマジナリーフレンドとの別れを経て成長していくという爽やかな終わりが今見るとたまらないものがあります。
  • 少年漫画らしさとしては「COMCOP」シリーズもやはり素晴らしい。主人公コムの、聖剣を武器に悪霊と戦うというジャンプっぽさと、シングルファーザーで子育てを頑張るというジャンプらしからぬ設定で凄い印象に残る作品で、正直これは当時連載されるだろうなと思ってた。逆にこのレベルでも連載にたどり着けなかったというところが同時のジャンプが黄金期だったことを示しているのかも。
  • あと、今回読み返して驚いたのが「COMCOP3」が村山由佳原作なこと。現代だと恋愛小説家として名を馳せる村山先生ですが、まさか漫画原作もやっていたとは。確かにシリーズの中でもこれだけちょっと毛色が違うなと思っていたんですが、なるほど納得。まぁそれ以上に「クリスマスプレゼント」の原作が武論尊だったことに驚きましたがw 

 

 ということでお値段が少々しますが(定価1540円)、その値段以上の価値がある奇跡の一冊。ぜひここからさらなる新作発表に繋がってほしい。

Switch版「変身少女 Second Magic」レビュー

 本日のゲームレビューは「変身少女 Second Magic」。つい4か月ほど前に、いろいろツッコミを入れたブロック崩しゲー「変身少女」の続編タイトルです。続編出るほどに売れてたのかよw

 

f:id:kaz20001:20210908224534j:plain

 相変わらずe-ショップでちょっと浮いているw

 

f:id:kaz20001:20210908224724j:plain

 ステージセレクト部分は前回とほぼ同じ。1人当たり2~3ステージで全45ステージ。DLCで追加3キャラ。たぶん今回も(おそらく)カエルックス過去作の使いまわしだが、低価格帯にしてはCGの出来が良いところも前作通り。

 

f:id:kaz20001:20210908224737j:plain

 大きく変わったのはゲームシステム部分。ここはマジで前作から大幅進化しててビビった。何があったのカエルックス。

  • まずボタンを押している間だけパドルのスピードアップ/ダウンができるようになった。もともとパドルの速度が微妙過ぎて変に拾いづらかった前作と比べ、この速度変更機能のおかげでかなりボールを拾いやすくなった。
  • 次に、一時的にゲーム時間を遅くしたり早めたりできるようになった。これでブロックが下過ぎて跳ね返りが早すぎるときに制御をかけたり、逆に上側にあり過ぎてボールを待っているだけの時間を短縮出来たりとゲームプレイがぐっと快適になった。
  • そして、Bボタンを押すことでボールの周りに衝撃波を発生させてブロックを崩せるようになった。再使用にはチャージが必要なものの、このシステムによって一個だけポツンと残ったブロックを破壊しやすくなったり、前作で問題だったバーの下にあるブロックも、狙ったタイミングで跳ね返させやすくなったりで一気に攻略がしやすくなった。
  • トドメに「サポート機能」という名の無敵モードが搭載され、これを使うとボールが下に落ちてもミスにならない。サポートというには効果絶大過ぎない?w 一応、スコアは記録されないというデメリットはあるが、肝心のCG回収はできるので難しいステージはこれを容赦なく使って攻略していこう。
  • 前回述べたブロックの色が区別できない問題も、模様が付いたりでだいぶ分かりやすくなり(それでも見づらいときあるけど)、ギミックもグッと増加してゲーム性も大きく変わった。特に「当てるとマルチボールが出て来るブロック」は、前述のサポートモードを使用すると絶対に落ちなないので、画面中ボールだらけにすることができる。これが超楽しいw
  • 他にも「マルチボール時に本物のボールが分からなくなる」問題点もボールに色が付くことで解決していたりと、細かい部分でも改善点が多い。個人的には「CGを縦画面表示にできる」はCGを売りにしたゲームとしてはかなりの神機能ではなかろうかと思うw むしろなんで前作になかったんだ…。

f:id:kaz20001:20210908224815j:plain

↑「魔王・恵方巻子」。出オチすぎる名前だ…。元ゲーだと多分2月のガチャキャラだったのだろう、多分…。

 

 というわけで新システムの搭載と問題点の改善により、前作と比べて大きくマシなゲームとなった本作。500円の低価格ゲームとしては値段分は楽しめるぐらいの出来となったんじゃないでしょうか。カエルックス、正直ちょっと見直したぜw

 この勢いだと多分3も出るんでしょうね。

 

Switch版「ARMED&GOLEM」(アームド&ゴーレム)レビュー

 本日のゲームレビューは「ARMED&GOLEM」(アームド&ゴーレム)。低価格帯RPGを多数手がけるケムコ製のRPGです。

  • そういえばケムコのゲームってそこそこ買っていますが、意外とレビューしていないですね。「リベンジ・オブ・ジャスティス」と「砂の国の宮廷鍛冶屋」ぐらいだったわ。

 とりあえず、18時間ぐらいプレイして、ストーリークリアと隠しボス含めて一通り倒したあたりでのレビューとなります。

 

f:id:kaz20001:20210908190809j:plain

 元々はフューチャーフォン向けだった奴のリメイク作で、スマホゲー化を得てのコンシューマ移植となった出世魚のようなゲームですw

 

f:id:kaz20001:20210908190835j:plain

 世界観やシステム的には「メタルマックス」シリーズをバリバリに意識したような内容で、戦車に代わり「ゴーレム」というロボに載って世界を旅しつつ、賞金首を倒したり、攫われた幼馴染を探し回ったりするPRG。ちょっと懐かしいSFCテイストのグラフィックがメタルでマックス感を高めてくれますw

  • ストーリーは非常にシリアス。どこか逞しさや愛嬌が感じられたメタルマックスシリーズとは異なり、戦争の傷跡やそれに纏わる差別や対立などが生々しく、基本的に敵役となる帝国側の「悪役度」はいうに及ばず(ラスボス含めて外道ばっかりである)、味方的組織側もやらかしたこと(テロで弾圧を覆したら、自分たちがテロされることをビビッて弾圧するところとか)を考えるととても善玉とは言えないなど、おしなべて一癖あるやつらばかり。
  • それだけにヴァレスの守銭奴だけども善性を捨てきれない若者らしさとか、短気だがジジイらしい含蓄もあるロック、しっかりした大人であるウルスラとおのれの存在に悩むエリスのコンビなどの主人公側のキャラクターが際立っています。低価格ゲームなのでそこまで期待していなかったですが、ストーリーに引っ張られて最後までプレイし続けるモチベーション保てたよ。

 

f:id:kaz20001:20210908190842j:plain

  • 戦闘システムとしては、生身またはゴーレムに搭乗して戦う、これまたメタルマックスでおなじみの方式。大きな違いとしては、ウェイトターン式、かつ主砲や戦闘スキルにはクールタイムが設定されており、手番順や機動力が非常に重要となる点。雑魚敵相手でも主砲の残り弾数を気にせずにぶっ放せ、ボス相手ではスキル使用の見極めが重要になるなど、中々戦略的なシステムで、結構面白い。
  • 特殊弾を絡めた状態異常周りのシステムは結構複雑ですが、複数属性をコンボすることで様々な効果が得られるという部分も良く出来ている。ただもう少し説明は欲しかったw これに気が付いたのラスダン直前だったよ…。
  • 戦闘面ではスキル発動時のエフェクトがやや遅い点は気になった。戦闘スピードは3倍速まで可変できますが、それでちょうどいいかなってレベル。エフェクトカット機能も欲しかったかな。
  • サブイベントも案外多く、まだ見ぬ賞金首やゴーレムを探して世界をウロウロするのがSFC時代のRPGっぽさあります。一部の賞金首のヒントが少なく、本当にウロウロする羽目になりましたが。露骨に怪しい箇所にいる奴はともかく、エンカウントで遭遇する系(特にシロパン)はかなりきついぞw
  • とりあえずDLCの「エンカウント無効」はあるとないとでは探索の快適度がめちゃくちゃ違うので、これは入れておいた方が良い。逆に「経験値3倍」は、普通に遊んでもLVが足りないとなる箇所が特になく、ラスト付近にカンストしてしまうため特に要らないかな。経験値とは違い、お金の方はゴーレム強化や特殊弾補充のためにかなり後々までカツカツなので、グレードショップで「戦闘獲得金100%アップ」は購入しておきましょう。

 

f:id:kaz20001:20210908190921j:plain

↑ストーリーを一度クリアした後の隠しゴーレムを加えた大体最終構成。

 

 というわけで低価格帯のRPGとしては値段以上に楽しめました。メタルマックス好きだった人はもちろんのこと、純粋なRPGとしても十分面白いのでオススメですね。

 ぜひ続編の「ラスト&ゴーレム」も移植してほしいねw

 

<地味な攻略>

  • グレードショップで買える「バトラーリング」は1歩でエンカウントという便利アイテムですが、コレとDLCの「エンカウント無効」は同時に使用すると無効側が有効となる模様。
  • 特殊弾は(おそらく)冷凍弾→ジャミング弾→何か適当な状態異常弾と使うことで防御にデバフを掛けられる。これを仕掛けた後ロケット弾連射がボス戦では強い。他にも時限爆弾を撃ったのち、オイル弾→火炎弾の連続使用で即時爆殺するコンボもアツい。

新しい「PlayStation」を買いました

 このところ、忙しすぎるためちょっとデカい買い物でもするかと、新しく「PlayStation」を買いました。

 

f:id:kaz20001:20210908181744j:plain

 まぁ、PS3ですけどねw PS4持っているのに。PS5ではなく、あえてPS3を買うという勇気w

 

f:id:kaz20001:20210908181747j:plain

 一応、(今のところ)最終型の「CECH-4300」。中古物なのでちょっと使用感ありますが、とりあえず問題なく動きました。

 

f:id:kaz20001:20210908181750j:plain

 PS4の上に重ねて設置。この微妙な曲線と、ブルーレイ読み取り部の「カシャ」と横に開くギミックの性でちょっと置き場に困るやつw

  • メニュー部分はPS4とかと同じクロスメディアバーですが、微妙に違っていてかえって混乱する。あと、電源部分を押すとスリープではなく電源がいきなりON/OFFするあたりにちょっとビビる。そうかPS3はまだスリープモードなかったのか。
  • PS3のゲームは今大体捨て値で売っているので遊ぶゲームは山ほどあります。というか、今日も4本ほど買ってきましたがそれでも2000円いかないんですね…。1本300~1000円とかそんなもんで買えます。

 しばらくはこれでいろいろ遊べるなぁ。

 

「ブレイブリーデフォルトⅡ」ついに攻略したぞ

 とうとうやり遂げました。「ブレイブリーデフォルトⅡ」をついにクリアしました。発売日に購入して半年以上。間にいろいろなゲームを挟みつつ、プレイ時間70時間で攻略完了です。

  • プレイ日数も気が付いたら70日を超えていた。マジでコツコツ続けてプレイしていたんだな。同じぐらいのプレイ時間だった「オクトパストラベラー」がプレイ日数では20日だったのとは対照的というかなんというかw
  • 最終的には全キャラLV99、全ジョブも最大LVの15まで上げ切った。これでもカードゲームやジョブのサポートアビリティが使える武器はコンプリートし切っていないのが怖い。

 

f:id:kaz20001:20210901212319j:plain

 このしみじみしたエンディングが心に染みるぜ…。

 

 なんだかんだと続けてきたこのゲームですが、かなり面白かった。ストーリー面でもゲームシステム面でもむっちゃ楽しめた。攻略本まで買ってプレイしたRPGなんていつ以来だろうw

  • 特にゲームシステムそのものをストーリーに組み込む手法はIの頃から健在で、特に最終ダンジョンからラスボスに至る流れは「お前がキーになるのか」「ネット要素がちゃんとストーリーに絡んでくるのか」と痺れる展開だった。マザー2とか、こういうメタ要素がきっちりと話の主筋に組み込まれているのが大好物という人にはたまらんものがあるでしょう。
  • ゲームシステム面でも、ジョブやスキルの構成はかなり豊富であり、その構成を考えるのは悩ましくも面白い。序盤に手に入る白魔導士、吟遊詩人、シーフあたりが終盤でも役立つし、中盤あたりで入手できるソードマスターのバランスブレイカーっぷり、最終盤に入手できるブレイブあたりは使いこなすと無茶苦茶有用で他ジョブとの組み合わせが光るなど、最後の最後までジョブとアビリティはいじりがいがある。
  • 個人的にはベルセルクの「暴れまわる」(攻撃全体化)とシーフ「ぶんどる」(攻撃時アイテム盗み)の組み合わせで雑魚戦を蹴散らす構成がお気に入り。
  • ただ後半のボス戦になるとかなりガチガチにジョブとスキル、装備あたりを練らないと厳しいバランスで、ボスそのものよりも準備に時間がかかっていた印象。構成も割と固定化されがちで、大体どのボス戦でもバフ役(吟遊詩人orピクトマンサー)と盾役(シールドマスターorジャッジメント)がいました。こいつらがいないとボス戦長引いてつらいんで。まぁ、これは仕方ないかな。
  • やり込みがいがある内容もあってか、「オフィシャルガイドブック」はめっちゃ役立ってくれました。というかこの本が無かったらゲームクリアまでプレイし続けることはできなかったw

 

f:id:kaz20001:20210901231613j:plain

  • なお、最後までプレイしたうえで一番強かったのは「試練の回廊Ⅴ」のメンバー。というかこの「カストル」と「ヴィジヌ」の二人が使ってくるスキルが頭おかしい火力過ぎてLV99でも事故りまくるのだ(属性軽減もできないし)。レアドロップ狙っている間に何度も全滅させられる羽目になったわw

 

 最終パーティは以下の通り。まぁ、LVもアビリティもカンストしているんだから、ラスボス相手であってもわりと適当でもいけますがw

  • セス(LV99) ソードマスター:LV15/すっぴんLV15
    アビリティ:サブ特性発現2/消費MP節約/HP倍化/二刀の心得/魔獣化
    チームの主砲。魔剣士のサポートアビリティ(以下サポアビ)を得られる「ダークネスソード」を装備して「ダメージ限界突破」も搭載している。ソードマスターの「九重一閃」が9回攻撃と逝かれた火力をしているためか、最終的には一回の攻撃でラスボスを倒せてしまい拍子抜けした。

  • グローリア(LV99) 白魔導士LV15/導師LV15
    アビリティ:全体化強化/そのまま全体化/HP倍化/MP転化/消費MP節約
    全体化したケアルガとリレイズによる回復、ブレイブスピリットによるBP回復によるチームの回復とサポートを担うキャラ。白魔導士のサポアビ装備「ギンゴーの杖」も搭載してガチガチの回復特化型だが、最終戦ではそもそもそこまで回復がいらなかった(採算度外視の薬師のほうが良かったかも)。

  • エルヴィス(LV99) 吟遊詩人LV15/白魔導士LV15
    アビリティ:サブ特性発現1/サブ特性発現2/HP倍化/MP転化/消費MP節約
    こちらは吟遊詩人によるバフ役としてのジョブ起用。吟遊詩人のサポアビ装備「堕天使の竪琴」も装備済み。こいつのバフとセスの九重一閃が重なった時の攻撃は平気で10万単位のダメージを持って行ける。一応白魔導士も積んだけど別にいらなかった。

  • アデル(LV99) シールドマスターLV15/ジャッジメントLV15
    アビリティ:ハンドアクセル/両手盾/HP倍化/消費MP節約/聖なる犠牲
    メンバー全体をフォローする盾役としての起用。ラスボスは攻撃は激しいものの、このレベルになると盾役はそれほど要らなかったので別ジョブにして攻撃役に回した方が良かったかも。

 

<ネタバレ全開のおまけ>

 

 このゲーム一度クリアすると強くてニューゲームできるようになるんですが、そこで気になったのが「序盤の負けイベントを覆すとどうなるのか?」という点。

 ということで一度クリアしたのち、序章の負けイベントにカンストレベルで挑んでみた。

f:id:kaz20001:20210901230817j:plain

 まさか普通に勝てるとは・・・。しかもこのまま特殊エンディングとなる(なんかこのエンディングむっちゃ不気味)。うん、これいろいろ台無しになっちゃうねw

 

「ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団」のSwitch版が発表されたが…

 なんか当Blogのアクセス解析を観ていたら、急に「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」の記事が上がって来たので何事かと調べてみたら、どうも続編の「ガレリアの地下迷宮と魔女ノ旅団」Switch版の発表(とそれに伴うSwitch版ルフランのセール)されてたみたい。

 

 前作(ルフラン)はいろいろ難点はあれど、面白いゲームだったのでこちらもぜひ買わねば(PS4/Vita版の時はかなり迷ってたけど、Switch版まで待った)と思い、該当記事を検索。

 

<参照:4gamerの記事>

www.4gamer.net

 

 おい、発売が11月11日って…。よりによって「女神転生V」に重なったぞw  11月はポケモンも出るというのに何でそんな激戦区に飛び込んでいったんだよ…せめてひと月ずらしてくれても。

 

 

映画「ロード・オブ・モンスターズ 地上最大の決戦」を観てみた

 GW前に財布を落として以来、ずっと放置していたTSUTAYAのカードを作り直した。ということでせっかくなので何かひっさびさにレンタルでもしようかな…と店内を見まわしていたら、凄まじく禍々しい妖気を放つ「ヤバイ」映画を見つけてしまった。

 

YouTubeに予告動画があったので掲載。こいつを観れば何がやばいのかは分かるかと。

<予告編>


www.youtube.com

 

f:id:kaz20001:20210823000402j:plain

 うん、まぁ、見たまんまですねw 「ゴジラVSコング」に便乗しただけのよくあるアレですよw こういうのが堂々と紹介されているのがTSUTAYAなんですよw 

 というわけでせっかくの週末を無駄にすべくレンタルしました。こういう便乗系は元ネタが古びないうちに観るのが通ってもんです。 

  • 配給元はアルバトロス。こういうパクリ便乗系映画といえばやっぱりここ。むしろお前じゃなかったらどうしようかと思うぐらいの安心感ですw ちなみに「ロード・オブ・モンスターズ」は初代があって、同タイトルのこちらは二作目。続き物ではないっぽいですが、そっちもそっちで気になるな…。

 

 とりあえず、ここからはネタバレ含む感想などを(いや、正直この映画ネタバレしたところでなんだって気がしなくもないですがw)。

  • なお、今回は字幕版での鑑賞のため、吹き替え版と少し印象が違うかも。

  

 えーっと、とりあえず「映画.comで5段階評価の0.5」という評価を下されている本作ですが、うん、まぁ妥当な評価かなw 予想はしてたけど「つまらない映画」の一言でぶった切ってしまってよい内容。

 一応、ストーリーをさっくり紹介すると「宇宙に打ち上げられた探査船に載っていたチンパンジーが巨大化(ゴリラですらないんか…)し、ついでに宇宙の謎物質を吸収したトカゲ(見た目からしてイグアナ)もなんだかんだで巨大化。そして謎の宇宙人(画面に出てこないのでマジで謎)に操られて大暴れ。いろいろ頑張って「ヤバイ奴にはヤバい奴をぶつけんだよ」理論に則り、この二体を戦わせて決戦させる」といった感じの流れ。

  • 一番の問題点が、これだけ予告やらパッケージやらで期待させておいて、肝心の怪獣激突シーンが5分もないんじゃないかってぐらい短いこと。いや、まぁある程度予想はしていたんですが、予想以上に短かったよw 
  • というか怪獣が出てくるシーンは「全身が出ない」「比較できる物と一緒に画面に映らない」「シーン当たりの出番も短い」とただでさえショボい上、せっかくの決戦も細かいところが観えないように夜中のシーンと、この手の映画にありがちなごまかしが多数見て取れますw うん、いろいろ大変なのは何となくわかるよ…。

f:id:kaz20001:20210823000306j:plain

↑決戦シーンはずっとこんな感じ。これでもだいぶマシな方…。

  • で、それを埋めるように人間シーンが無駄に尺を取っています。「銃を構えた数人だけの「軍隊」と称する者たちの行軍」シーンがやたら何度もあったり、やたら説明口調で怪獣の動作を実況したり、何度も何度も場面転換があって無駄にスケール感を出す工夫がしてあったり。なんというか頑張って尺稼ぎしている涙ぐましい努力がそこかしこに見て取れます。この手の低予算映画にはありがちな奴が全部詰まっているといってもいい。正直、この脚本の単調さと冗長さはいただけない。
  • ギリギリ褒めるところを上げるならば、巨大トカゲの造形だけはちょっとマシ。CGも、まぁ低予算臭半端ないものの見れなくもない。あとパッケージのデザインだけは誉めてやろうw 姑息にも左右のモンスターを入れ替えているそのセンスは嫌いじゃないぜw

 まぁ、便乗映画としてはギリギリ、本当にギリギリ観れなくもないライン。ネット上のいろいろな映画評論サイトの評価ほどひどくもなかった印象ですが、それでも「金払ってこれを観る」のは知っていたら躊躇するレベルなので、いろいろと自己責任でお願いしますw